カレー欲を満たすための缶入りカレーフェリシモ神戸発「飲むカレー CARRY CURRY」が数量限定で発売開始!

フェリシモ神戸発「飲むカレー CARRY CURRY」

場所を問わずにカレーを持ち歩いて飲みたいというカレー欲を満たす缶入りカレー「フェリシモ 神戸発 飲むカレー CARRY CURRY」が、「EVERYTHING FROM.JP」で数量限定で発売されました。

この缶入りカレーは、キャップを開けるだけでカレーがぐい飲みできるドリンクで移動中にレトルトカレーを愛飲しているデザイナー太刀川英輔さんの「NOSIGNER」とフェリシモによる共同開発で完成したそうです。
持ち運びに便利かつ、人前でもかっこよくカレーが飲めるよう商品化に1年以上費やされました。

缶入りカレーは飲み物として大ブレイクして来年には、コーンスープのように自販機に並びそうですね。メディアアーティストの落合陽一さんも以前テレビでレトルトパックのカレーにストローを挿して飲まれていて、カレーは飲み物として認識されていると話されていました。
現在「飲むカレー CARRY CURRY」は完売して入荷待ちの状態ですが、今後は缶入りのカレーが世間に広まり缶で飲むスタイルが普通になりそうです。

飲むカレーの種類・価格

飲むカレーは国産のトマトピューレやたまねぎを使ったトマト風味で、常温でおいしく飲む事も可能です。第1作目として数量限定で販売され、今後は風味を変えたシリーズ化も予定されています。
価格は1セット(170グラム×3缶)で1140円(税別)です。

飲むカレー 公式サイト・通販

飲むカレーは、「フェリシモ公式サイト」や「EVERYTHING FROM.JP」から通販で購入できます。
限定販売で人気のため、完売で入荷待ちとなっています。
販売の再開が、お届けを3月中に目指して予約受付の状態となっているようです。
なお次の販売数は、約2000本(3缶1セットで660セット)を予定とのこと。

◾️EVERYTHING FROM.JP
https://www.everythingfrom.jp/

◾️フェリシモ公式サイト
https://www.felissimo.co.jp

飲むカレー CARRY CURRY

いつでもどこでも取り出せる、カジュアルでおしゃれな缶入りの「飲むカレー CARRY CURRY」が誕生!

ブラックを基調としたおしゃれなボトルに美味しいカレーが入っています。
おやつ感覚で小腹を満たしたいとき、パンやおにぎりと一緒にランチとして、アウトドアやお夜食にもぴったりです。
国産トマトを使ったトマトピューレを使用した、常温でおいしくお召しあがりいただける「新感覚」の飲むカレーです。

飲むカレー「CARRY CURRY」の辛さ

辛さは「中辛程度」に設定してあり、そこまでピリピリした辛さではなくスパイスの刺激が強すぎるということもないそうです。辛いものが苦手な方やお子様でも飲める辛さに設定してあるようです。

飲むカレー「CARRY CURRY」は常温か湯煎で

飲むカレーは、温める場合は湯煎するかレンジの場合は別の容器に移す必要があります。
コンセプトが持ち歩けるカレーなので、常温でもおいしいと感じる味になるようになっています。
また冷蔵や冷凍は油分が凝固するのでオススメできないとのこと。

飲むカレー「CARRY CURRY」の内容

■原材料:カレールウ【小麦粉、糖類(砂糖、乳糖、ブドウ糖)、加工油脂他】、トマトピューレ(国産)、砂糖、玉ねぎ(国産)、食塩、醤油、酵母エキス/乳化剤、調味料(アミノ酸等)、糊料(加工澱粉)、カラメル色素、酸化防止剤(V.C)、増粘剤(増粘多糖類)(一部に小麦・乳成分・豚肉・大豆・鶏肉を含む)
■栄養成分表示 :(170g当たり)
・エネルギー(kcal):53
・たんぱく質(g):0.9
・脂質(g):2
・炭水化物(g):7.7
・食塩相当量(g):1.641
■7大アレルゲン:(小麦、乳)
■セット内容:170g×3缶
■重量(梱包資材含む):650g(3缶セット)
■原産国:日本
■賞味期間 (製造より):120日
■メーカー名:大和製缶 株式会社