インスタで大流行中の米スタバ限定裏メニュー「ピンクドリンク」を日本のスターバックスでも作れる方法があるので紹介します。

SNSで話題のスタバ「ピンクドリンク」

2016年にアメリカのスターバックスで限定発売され、インスタグラムなどのSNSから話題となり大ブレイクした「ピンクドリンク」
インスタではハッシュタグを付けた「#pinkdrink」が大流行しています。

現在は米スタバメニューとして販売されていますが日本では未だに発売されていません。
そのピンクドリンクを日本でもカスタム注文して作る裏技があると話題になっています。

スタバ裏メニュー「ピンクドリンク」の作り方

米スタバ裏メニューの「ピンクドリンク」は、「ストロベリー・アサイー・リフレッシャー」に「ココナッツミルク」を注文して作るのですが、日本のスタバではどちらもメニューにはないので、「ピンクドリンク」の日本バージョンは、「パッションアイスティー」をベースに「ホワイトモカシロップ」を入れて作ります。

日本バージョンのピンクドリンクは、「パッションアイスティー」を注文して、追加で「ホワイトモカシロップ」を頼みます。

日本のスターバックスには「ココナッツミルク」とトッピングの「ストロベリー」も販売されていないので、更に「ホイップクリーム」や「バニラシロップ」を追加すれば、より米スタバ裏メニューの「ピンクドリンク」に近づきます。

スタバ「ピンクドリンク」の味

気になる「ピンクドリンク」の味ですが、「パッションアイスティー」がハイビスカスとローズヒップに、オレンジピールやレモングラスがブレンドされていて、更に「ホワイトモカシロップ」の甘さが加わるので、甘酸っぱいイチゴミルクのような味になります。

インスタなどでは、日本版「ピンクドリンク」は、梅っぽい味がするという声もあります。
見た目も綺麗な「ピンクドリンク」をぜひお試し下さい。