愛知県「愛・地球博記念公園」がスタジオジブリのテーマパーク「ジブリパーク」へとリニューアルされます。2020年にオープン予定とジブリファンに朗報。

スタジオジブリのテーマパーク「ジブリパーク」

愛知県長久手市にある「愛・地球博記念公園」をリニューアルさせて「ジブリパーク」が開設予定。
3年後の2020年代初頭にオープンされるとのこと。

5月31日に愛知県の大村秀章知事とジブリの鈴木敏夫プロデューサーが名古屋市内で会談し、「ジブリパーク」の開設に大筋で合意され、愛知県が全面協力する方針を決めたようです。

構想では、約200ヘクタールある「愛・地球博記念公園」の緑地を生かし、映画「となりのトトロ」で描かれた世界観を再現した「トトロのふるさと村」がつくられる予定。公園内には、万博でも大好評だった「サツキとメイの家」があります。

ジブリ作品は海外でも人気が高いので国内外からの観光客を呼び込み、ディズニーランドやUSJと並ぶ人気のテーマパークとなりそうですね。
「ジブリパーク」のオープンが待ち遠しいです。

愛・地球博記念公園 × STUDIO GHIBLI

愛・地球博記念公園(愛称 モリコロパーク)は、愛知県長久手市にある愛知県営の都市公園で、過去にも映画『となりのトトロ』に登場する、「サツキとメイの家」が再現され話題となりました。

ジブリらしい雰囲気の光景が楽しめる「サツキとメイの家」に今回は「トトロのふるさと村」という名称で新たにバージョンアップされる予定とのことです。

「サツキとメイの家」の詳細

宮崎駿監督の映画『となりのトトロ』に登場する姉妹、サツキとメイの住む家をリアルに再現した施設『サツキとメイの家』。
昭和30年代の暮らしぶりに触れられ、懐かしい光景にタイムスリップできると人気です。
季節によって演出も変わり、何度行っても楽しめるのも魅力のひとつ。
何度でも行きたくなる懐かしい風景を体験しに、ぜひとも『サツキとメイの家』に訪れてみよう。

1日の入場人数制限されるため、チケットは必ず予約して行きましょう。
ローソンのチケット販売サイトから予約することができます。
ローソンで購入したチケットは「入場券引き換え券」となるため、「サツキとメイの家」の受付にて入場券に交換してもらえます。入場券は現地でも購入できるのですが、平日でも早い時間に売り切れてしまうので注意。

■料金:【入場料】大人 ¥510 小人(4歳以上中学生以下対象) ¥250
※観覧は定員制で、1回約30分となっています

■開館時間 9:30~16:00
■休館日 毎週月曜日(月曜日が祝日の場合は次の平日)及び年末年始(12/29~1/1)
※ただし、春休み・夏休み・冬休み期間中は月曜日も開館されます

愛・地球博記念公園「ジブリパーク」の場所

〒480-1342 愛知県長久手市茨ケ廻間乙1533−1

出典 http://www.ghibli.jp
   https://www.aichi-koen.com/moricoro/shisetsu/satsukitomei/